老眼治療を受けた歌手・小柳ルミ子さん コンサート、ディナーショー、ミュージカルなどで活躍中!!

何歳になっても美しい姿を保ち、いつまでも若々しい小柳ルミ子さん
芸歴40年以上、常に脚光を浴びキラキラと輝いていますよね。
なんとあの若さで、今年は還暦を迎えられたそうですよ!


小柳ルミ子さんは中学校を卒業後、
宝塚音楽学校に入学されています。
首席で卒業し、すぐに歌手になりたいと願っていたようです。
しかし初舞台だけは踏むようにと言われ、宝塚歌劇団に入団。
2ヶ月で退団したそうです。
その後NHKの連続テレビ小説で女優デビューをし、翌年には歌手デビューも果たします。
デビュー曲から160万枚の大ヒットを記録し、数々の賞を受賞。
1970年代を代表する歌手となりました。
代表曲である「瀬戸の花嫁」は、今でも結婚式などで使われるほど有名な曲ですね。


そして女優としても活躍し、1983年公開の「白蛇抄」では、
日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞されています。
「家なき子」の伯母役での迫真の演技も未だ記憶に新しいですよね。


現在でも、バラエティ番組や歌番組、ドラマや映画など広く活躍されています。
コンサートやディナーショーなども定期的に開かれているようです。
数々のミュージカルにも出演されていらっしゃいます。
いくつになっても挑戦していく心が、あの美しさ、若々しさの秘訣かもしれませんね。


ステージに立つことの多い小柳ルミ子さんは、
品川近視クリニックで近視のレーシックと老眼治療を受けたそうです。
手術後はお客さんの顔も、自分の足元もはっきりと見えるようになったと
語ってらっしゃいます。
「世界観が変わった」そうですよ。
※小柳ルミ子さんの体験談はこちらのサイトの、
 老眼治療のページからみる事が出来ます。


まだまだその魅力を増していくだろう小柳ルミ子さん。
今後の活躍も楽しみですね!


小柳ルミ子さんの公式ブログはこちら→小柳ルミ子オフィシャルブログ


品川近視クリニック公式サイトはこちら→品川近視クリニック(東京)
                  →品川近視クリニック(東京以外)