最新技術多数!老眼治療が出来るクリニック

錦糸眼科

錦糸眼科はレーシック歴20年を誇り、
レーシック、イントラレーシック、レーゼック(ラセック)を日本で始めて行った
レーシック界のパイオニアとして知られています。


院長は国際学会などで数々の受賞経歴を持ち、
レーシック界の実態を知る有職者からも高い支持を受けているようです。
また、「近視レーザー手術ガイドブック」など、多くの書籍を執筆されています。


院は現在、東京、札幌、名古屋、大阪、福岡に展開されていますが、
遠くにお住まいの方も治療が行いやすいように、
「遠方割引」も設定され安心です。
(遠方割引には対象地域や適用要件がありますので、
 直接医院へお問い合わせ下さい)


錦糸眼科は世界でも有数の高性能レーザー機器が装備されていることでも有名で、
先端レーザーテクノロジーで治療が行われています。
アフターケアも充実していて、
初診検査料、定期検査料、基本薬剤料はすべて料金に含まれています。


また、1993年の開院から感染症は起こったことはないとされ、
衛生面においても信頼がおけるようです。


錦糸眼科の老眼治療には、SUPRACOR(スープラコア)kinsi.jpgのサムネイル画像
という方法が取り入れられています。
この方法は角膜の形状をレーザーで変化させ、遠くも近くも見やすくする方法です。
EU加盟国における安全基準を満たし、
安全性が高いとして、錦糸眼科が日本で始めて開始したようです。


最新技術を駆使したSUPRACOR(スープラコア)は
老眼治療として現在とても注目を浴びている方法ですが、
施術を受けれるクリニック自体は未だ多くはありません。
ご興味がある方は錦糸眼科の無料のWEB相談窓口をぜひご利用下さい。


詳しくはこちら→錦糸眼科をご覧下さい




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら