老化が引き起こす、知っておきたい老眼以外の眼の病気

飛蚊症

みなさん、「飛蚊症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
1度でも眼の病気を調べた経験のある方は、ご存知かもしれませんね。


飛蚊症とは、
目の前を小さな浮遊物がゆらゆらと飛んでいるように見える状態
のことを言います。
黒い点のようなものだったり、糸くずのようだったりと、
見える形状は人により異なるとされています。


青い空を見たときや、白い壁などを見たときなど、
特に明るい場所ではっきりと見えることが多いようです。
一度気にしてしまうと、それからは気になって仕方がないでしょう。


飛蚊症にも様々な原因や種類があるようですが、
その中でも最も多いとされているのは、
老化やストレス、眼の酷使によって伴う「生理的飛蚊症」と呼ばれるものです。


これは病的なものではないため、
特に治療は必要なく、また基本的に進行もしないため、放置しておいても
問題はない
とされています。


しかし、1度気になった浮遊物を無視することはなかなか難しいですよね。


生理的飛蚊症の対策方法としては、
紫外線を直接浴びないようにサングラスで保護したり、
パソコンやテレビを見る時間を調整し、眼への負担を軽減させることが
有効的だとされています。


このように、生理的な飛蚊症は早急に問題視しなければならないものでは
ありませんが、飛蚊症の症状は網膜剥離など、
眼病が原因で発症する場合もある
とされています。


眼病は早期発見が重要となりますので、
自己判断でなく、まずは眼科での検診を必ず受けるようにしてください。




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら