老化が引き起こす、知っておきたい老眼以外の眼の病気

網膜剥離

網膜剥離とは一般的に、
眼の網膜が剥がれてしまうことにより、
視力・視野が低下してしまう病気
のことを言います。
放置をすれば最悪の場合、失明をもたらすともされています。


網膜剥離には様々な種類があり、原因もそれぞれ違いがあるようです。
そんな中でも加齢が主な原因とされる裂孔原性網膜剥離に、
今回注目してみたいと思います。


裂孔原性網膜剥離は、
眼の内部を満たす硝子体と呼ばれる部分の変化によって
引き起こされるとされています。


硝子体は元々ゼリー状となっていますが、年を重ねるごとに液状化します。
液状化してしまった硝子体が網膜を引っ張り、裂け目(裂孔)ができます。
その裂け目から水が入ると、網膜が剥がれ、網膜剥離となってしまうのです。
このため、40歳からは特に注意が必要とされています。


では、網膜剥離の症状には、どんなものがあるのでしょうか。


網膜には痛感がないため、痛みは伴わないとされています。
見え方の症状としては、
小さな黒い点や、糸くずのようなものが見えたり(飛蚊症)
暗い所に行くと、チカチカと光が見えたりするようです。(光視症)
このほかにも、視野が狭くなったり、視力の低下などが挙げられます。


現在、網膜剥離に対しての治療法は、
レーザーによるものや外科手術などと、数多く種類があり、
またその技術も進歩を続けてきているようです。


また、進行具合や眼の状態により、手術方法も異なってくるようですので、
気になる症状などがあるようでしたら、やはり早めの診断をお勧めします。




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら