老化が引き起こす、知っておきたい老眼以外の眼の病気

ドライアイ

「ドライアイ」という言葉を耳にした事がある方は、
とても多くいらっしゃると思います。
また、何となくの症状も、検討が付くところでしょう。


ドライアイとはその言葉の通り、
眼球が異常に乾燥してしまった状態で、涙の量の減少や、成分の変化により起こる

とされています。


眼球は涙によって外部からの雑菌や異物から守られていますので、
ドライアイの症状が起こることで、
傷や障害が生じやすくなってしまいます。

結膜炎などといった感染症などにもかかりやすくなり、
場合によっては視力の低下にも関係してしまうようです。


ではまず、代表的なドライアイの原因をいくつか挙げてみたいと思います。


長時間のパソコンや、携帯電話の画面を見続ける
1日中乾燥した部屋に居続ける
コンタクトレンズの装着(特にソフトコンタクトレンズ)
睡眠不足やストレス
老化


これらが涙分泌の低下の要因となり、ドライアイに繋がるとされています。


このように今の現代社会において、
非常に多くの方がドライアイになりやすい環境で生活していると言えるでしょう。
しかし、自覚症状が少なく、わかりづらいため、
ほとんどの方が気付かずに見過ごしてしまっている状況のようです。


ドライアイの初期症状には、


目がゴロゴロする  ・目やにがよくでる ・光が眩しく感じる
物がぼやけて見える ・目が重く感じる ・激しい充血


などがあります。
確かにどれも見逃してしまいそうな症状ばかりですね。
しかし、ドライアイも早期発見がとても重要となります。
違和感を感じたら、早めに眼科での検診を受けられるようにして下さい。


また、日々の生活でドライアイを予防することも大切でしょう。


長時間のパソコン利用には、定期的な休憩を入れ、目を休める
蒸しタオルなどで目を暖める
加湿器などを利用し、空気の乾燥を防ぐ
十分な睡眠時間を設ける
意識をして瞬きをする


このように、どれも日常生活で意識することで、抵抗無く実行できる
方法だと思います。
たかがドライアイなどと思わずに、あらゆる眼病を防ぐためにも
ぜひ積極的に取り入れるようにしていただだきたいと思います。




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら