老化が引き起こす、知っておきたい老眼以外の眼の病気

緑内障

緑内障とは、視神経細胞が死滅してしまうことにより、
少しずつ視野が欠けていってしまう病気
です。
そのまま放置してしまうと失明にまで至るとされています。


今まで緑内障の主な原因は、
高眼圧により視神経が傷つけられる事とされてきたようですが、
近年では眼圧が高くないのに起こる「正常眼圧緑内障」の増加が確認され、
日本人の緑内障患者の9割がこの「正常眼圧緑内障」との報告もあります。
(高眼圧でもないのに視神経が傷つけられてしまうメカニズムは
 未だ分かっていないようです)


老眼と同じく、年を重ねるごとに緑内障発症の確立が高くなるとされ、
現在、中高年と呼ばれる40歳以上の方の20人に1人の割合で
緑内障の可能性があるとも言われています。
そこに高齢化社会も重なり、発症人数は増加傾向にあるようです。


また、近年では、糖尿病網膜症を抜いて失明の原因の1番ともなり、
とても身近で重大な怖い問題となってきています。


緑内障の症状の進行は緩やかで、痛みもさほど伴わず、
このため自覚が少ないうちに末期症状までいたることも少なくはないようです。


しかし1度死んでしまった視神経細胞の修復は現段階では不可能のため、
十分な注意が必要なのですが、
実際自分が緑内障になっているのに気付かずに
生活している人は、かなりの人数に及ぶとも言われています。


このため緑内障の予防法として最も大切な事は、
眼科にて定期的な検査を受けて頂くことです。
早期発見に繋げるために、
最低でも1年に1回は検査を受けられることをお勧めします。




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら