老化が引き起こす、知っておきたい老眼以外の眼の病気

白内障

白内障とは、眼の中にある水晶体という部分が白く濁ってしまう状態を言います。
視力が低下し、物全体が白く霞んで見えたり、光がまぶしく感じたりします。


白内障の原因は、老眼と同じく老化が大きく関わるとされ、
進行スピードに個人差はあるようですが、
80歳以上になると、なんとほぼ100%の方に
白内障による視力低下が見られるそうです。


また、白内障は一度症状が進行してしまうと
基本的に元に戻ることはない
とされています。


失明の原因とも言われ、とても恐れられてきた病気の1つなのですが、
近年の医学の進歩により様々な手術方法が開発され、利用されています。


実際どんな手術方法なのかと言いますと、
白く濁った部分を吸い上げ取り除き、その代わりに眼内レンズを埋め込む
という方法です。
この方法は、以前から行われてきたようですが、
中に埋め込むレンズが高性能のものが増えたことにより
その期待度も上がってきているようです。


この他にも目薬を点眼したり、飲み薬を服用し、
進行を遅らせる対処法
を取る場合もあるようです。


白内障は老化が大きな原因と述べましたが、
紫外線も原因の1つとなってしまいます。
日差しが強い日はサングラスなどを掛け、直射日光を眼に入れないように
気をつける事も大切でしょう。
また、やはり喫煙も眼には良くないようです。


そして食生活を見直すことも大切です。
なってしまった白内障を食べ物で治すことは出来ませんが、
予防という部分では関係してくるでしょう。
油分、糖分が高いものは控え、水分をたくさん取り、
栄養バランスを考えた食事をする
ように心がけて下さい。


白内障は、早期発見する事がとても大切とされています。
何かおかしいなと感じたら、早急に眼科医にご相談ください。


地域別・老眼治療&白内障手術が出来るクリニック


札幌 東京 名古屋 大阪 福岡




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら