老化が引き起こす、知っておきたい老眼以外の眼の病気

白内障

白内障は老化が主な原因とされ、80歳以上になるとほぼ100%の方が起こり得ると言われています。白内障の症状、原因、手術方法などを解説します。

緑内障

緑内障は、現在日本の失明原因のトップとなり、40歳以上の方の20人に1人が緑内障の可能性があると言われるほど身近な問題となっています。緑内障の原因や特徴についてまとめています。

ドライアイ

現在、多くの方が持っているといわれる眼の症状にドライアイがあります。結膜炎や視力低下に繋がってしまう放っておけないドライアイの予防方法についてなど、まとめています。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは、加齢に伴い、眼の網膜の中心にある黄斑という部分に変化が起こり、視力が低下してしまう病気とされています。加齢黄斑変性の症状や予防法などをまとめています。

網膜剥離

放置をすれば最悪の場合、失明をもたらすと言われている網膜剥離。その中でも加齢が主な原因とされる裂孔原性網膜剥離にスポットをあて、説明しています。

飛蚊症

飛蚊症とは、目の前を小さな浮遊物がゆらゆらと飛んでいるように見える状態のことをいいます。この飛蚊症の症状が出た場合、どのような対処法が必要なのか等をまとめています。