老眼予防方法を試してみよう!

老眼を遅らせろ!眼のトレーニング法

老化現象の1つとされている老眼。
年を重ねれば誰でも起こりうり、
その進行を止めることは出来ないとされています。


そのため現在数あるどんな老眼治療法も、老眼根本の治療ではなく、
見え方に対しての矯正のため、老眼が酷く進行してしまえば、
また見えにくくなってきてしまうようです。


このようにそれぞれ形は違うにしろ、
多くの方が付き合っていかなければいけないのが老眼です。
老眼鏡やコンタクトレンズ、老眼手術など、
実際どの方法もお金が掛かってきてしまいます
が、
唯一お金を掛けずに出来る、
眼のトレーニング法は覚えておいても損はない
ですよね。


色々と調べてみると、老眼に対する眼のトレーニング法は数多くあるようです。
老眼の大きな原因が、水晶体のピント調節機能の衰えとされていますから、
通常の老化に対する予防と同じく、
鍛えればいいというのはなんとなく分かる気がします。
そしてもちろん老眼の現象が出ていなくても、
予防の為に鍛えておくことも必要と想像がつきますよね。


しかし体を鍛えるのは自分の意思で可能ですが、
眼を鍛えるとは一体どのように行えばよいのでしょうか。

代表的なものを1つご紹介したいと思います。


1・目の前、15センチくらい離れた所に、人差し指を立て、その先端を見ます。
  (見え方はピンボケの状態でも構いません)
2・次に出来るだけ遠いものに焦点をずらします。
  この時、眉間・指・遠くの対象物が一直線に並ぶようにしてください。
312の動作を1秒ごと、20往復繰り返してください。
  このトレーニングを1日に4回ほど行うと良いとされています。


思い立った時に気軽に行える方法ですので、
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら