老眼手術の疑問・不安を解消!!

老眼手術をしたらコンタクトは出来ない?

人口の約6割が近眼とも言われている近眼大国の日本において、
コンタクトレンズを利用されている方は非常に多くいらっしゃるでしょう。


そういった方に老眼の症状も出てきた場合、
今まではコンタクトレンズと老眼鏡を併用する方法
一般的とされていましたが、
現在は様々な老眼をカバーする手術方法が登場し、
期待が寄せられています。


しかし老眼は老化現象が最も大きな原因のため、
残念ながら進行自体を止めることは出来ないとされています。
このため現在ある老眼手術方法は、
その時々の見え方の矯正方法が多くを占めます。


もちろん老眼手術を受けた多くの方が、hakase2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
術後に老眼鏡やコンタクトレンズは不要になった
と満足されてらっしゃるようですが、
見え方により、術後も老眼鏡で補強されている方がいらっしゃるのは事実のようです。


ですが、今までコンタクトレンズをしてきた方が
老眼鏡を使わなくてはいけないのはやはり不便ですよね。
では老眼手術を行った後でもコンタクトレンズを使用することはできるのでしょうか。


老眼手術は一般的に大きく分けて、レンズなどを眼内に埋め込む方法、
レーザーや高周波を使い、角膜の形状を変形させる方法とありますが、
基本的には術後どちらもコンタクトレンズの使用は可能のようです。
(術後の経過や度数、眼の状態により異なりますので、必ず眼科医にご相談下さい)


また、老眼手術自体は、再手術が可能な方法も多くありますし、
多くの眼内レンズは取り外すことも可能とされています。
術後の見え方に不便さを感じた方は、
まずは担当医にご相談されることをお勧めします。


また、これは補足となりますが、
方法によっては手術前のコンタクトレンズの使用期間制限が設けられていることが
多いため、施術をお考えになられる上で、こちらもご注意くださいね。


老眼治療が行えるクリニック
品川近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
錦糸眼科
SBC新宿近視クリニック




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら