老眼治療・手術情報(レーシックなど)

老眼にも効果あり!?今話題のオルソケラトロジーとは

みなさん、「オルソケラトロジー」という言葉を耳にした事があるでしょうか。
オルソケラトロジーとは、角膜を正常な形に矯正していく
ハードコンタクトレンズ
の事を言います。
手術という方法ではなく、視力を矯正出来る最新の方法とあって、
今とても注目を浴びているようです。


このオルソケラトロジー用に作られたハードコンタクトレンズは、
一般的に夜寝る時に付け、寝ている間に角膜を矯正します。睡眠.jpg
これによって日中は裸眼で過ごす事が出来るというのです。
この方法で近視はもちろんの事、
軽度であれば老眼でお悩みの方にも効果が期待できる
とされています。


コンタクトレンズを使用した事がある方は、
寝る時にコンタクトレンズをしたままって大丈夫なの?
不安に思うかもしれませんね。
しかしこのオルソケラトロジーに開発されているレンズは、通常の物とは違い、
酸素が多く取り入れられる構造になっている為、目への負担は軽減されているようです。
また、手術ではないので、使用しなければ元の状態に戻す事も可能です。
大きな年齢制限も無く、幅広い層の方が行う事が出来るのも大きな特徴だと思います。


ここまでで分かるように、近視大国とも呼ばれる日本において
革命的な方法だと言えるのがオルソケラトロジーという方法だと思います。
しかし多くのメリットがあれば、もちろんデメリットも存在します。


まず、1度レンズを購入すれば一生使えるという物ではありません。
定期的な検診とレンズの交換が必要となってきます。
また、オルソケラトロジーは一般的に、保険が効かない自由治療です。
この為費用は20万円前後とされていますから、交換の度に大きな出費がかさむ
という事を頭に入れておかなければなりません。
そして、毎晩レンズを装着するという事が基本となりますから、
レーシックなどの手術方法とは違い
ある程度の煩わしさは伴ってきてしまうでしょう。


現在は様々な方法で視力回復や老眼治療が行える時代です。
ご自身のライフスタイルや状況に合った方法をしっかりと検討し
取り入れていくようにして下さいね!


関連記事
老眼治療とは?老眼の手術ってあるの?




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら