老眼治療・手術情報(レーシックなど)

CK(Conductive Keratoplasty)

老眼治療の1つに、CKと呼ばれるものがあります。
CKとは、
Conductive Keratoplasty(コンダクティブ・ケラトプラスティ)の略です。
老眼だけでなく、元々遠視に対しての治療に用いられている手法です。


アメリカのRefractec社が開発し、
2002年に遠視治療、2004年には老眼治療
米国食品医薬局(FDA)に許可されています。
また、Refractec社の認定を受けた医師のみしか
治療を行うことが出来ません。


このため、日本での普及率は未だ高いとは言えませんが、
世界を見ると10万件以上行われており
その結果も良好のようです。


では実際、CKとはどのようなものなのでしょうか。


CKの手法は、角膜の周辺部にラジオ波と呼ばれる高周波エネルギーを照射し、
照射部のコラーゲンを収縮させ、角膜のカーブを強くします。

これにより近くのものが見やすい状態に矯正するといった方法です。
(ラジオ波は、医療ではすでに外科的治療などに用いられ、
 血管の止血などに使われています)


角膜の最も大切とされている中央部分には触れず、
周辺部分のみに触れるため、
リスクが少なく安全性が高い手術方法とされています。
手術時間も5分から10分程度と短時間で済み、日帰りで帰宅することが可能です。


しかし、老眼の症状が進むにつれ、角膜は元の状態に戻ろうとしてしまいます。
このため個人差はありますが、数年後に再手術が必要になることも多いようです。


また、長時間の読書をする時には老眼鏡が必要だったり、
矯正の範囲が狭い
という欠点もあるとされています。


老眼は年を重ねるごとに進行していきます。
そのため、その時々の対処法がどうしても必要となります。
その1つの方法として、CKをご検討されてみてはいかがでしょうか。


CKが行えるクリニック
品川近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
東京近視クリニック




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら