老眼治療・手術情報(レーシックなど)

老視矯正レーシック

高齢化社会の現代の日本において、老眼に対する研究は日々進化し、
最近では様々な治療方法が開発されています。


その中の1つに、老視矯正レーシックと呼ばれる方法があります。
老視矯正レーシックとはその名の通り、
老眼を矯正する目的で開発された方法です。


通常のレーシックと基本の原理は同じとなります。
エキシマレーザーという特殊なレーザーを角膜に照射し、
角膜の中心部は遠くを見やすいように、
周辺部は近くを見やすいように矯正します。

遠近両用のコンタクトレンズに似た形状にする
といった施術方法です。


このように両方の眼が遠近両方に対応していることから、
比較的自然に近い状態に見ることができ、
通常と変わらない視界も期待出来るとされています。


また、視力回復のスピードも早いとされ、
手術直後から視力を得られる場合もあるそうです。
(通常は視力が安定するまで1ヶ月から2ヶ月程度かかるとされています)


しかし、老視矯正レーシックを行えるクリニックや病院などは未だ少なく、
料金も他の施術方法と比べると、比較的高額
となっています。


そしてもちろん、施術を受けた後は、炎症が起きていないかなどを調べる
定期的な検査も必要となりますので、検討される場合はご注意ください。


また、瞳孔の大きさにより、期待通りの見え方が得られなかったり、
細かい字を見るときにはメガネが必要な場合もある
ようなので、
こちらも頭に置いておかなければなりませんね。


老視矯正レーシックが行えるクリニック
みなとみらいアイクリニック




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら