老眼治療・手術情報(レーシックなど)

モノビジョンレーシック

モノビジョンレーシックは、元々近視や、遠視、乱視を持ち、
そこに老眼の症状も重なってしまった方が多く行っている手術方法
です。


モノビジョンレーシックは、通常のレーシックの手法とほぼ同じで、
レーザーを使い角膜を矯正しますが、
モノビジョンの場合は、片方の眼は遠くを見えるように調節し、
もう片方は近くが見えるように調節
します。


これにより、脳が左右の像を使い分けて見るといった形で、
老眼鏡をかける煩わしさから解放されます。
視力矯正として、以前からコンタクトレンズを使用して行われてきた
方法でもあるようです。


しかし、このように左右の視力が違うという状態ですから、
人によっては眼精疲労をひどく感じたり、
(数ヶ月経てば慣れてくることが多いようです)
物を立体的に見る感覚が低下する可能性があるので、
夜間の運転が多い方や、細かい作業の仕事などを伴う方には
あまり向いてない
とされています。


また、モノビジョンレーシックは、
事前にモノビジョンの状態を作って適応検査をし、
最終検査で可能と確認されてから手術を行うのですが、
その結果によっては両目を同時に施術することが出来ない場合もあるようです。
そうなった場合、日にちを開けて片目ずつ行うことになりますので、
多少の不便は伴ってしまう可能性があります。


このような特徴があるモノビジョンレーシックですので、
実際クリニックによっては、お勧めしたりしなかったりと差があるようです。


ご自身のライフスタイルと照らし合わせ、
まずは施術可能なクリニックへご相談されてみてはいかがでしょうか。
 

モノビジョンレーシックが行えるクリニック
神戸神奈川アイクリニック
東京近視クリニック




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら