老眼治療・手術情報(レーシックなど)

老眼治療とは?老眼の手術ってあるの?

高齢化社会が進んでいる現代の日本。
老眼世代と呼ばれる人口はなんと約7000万人にも昇るようです。


また、これだけでなく、パソコンやゲームが流通したことなどにより、
近視の症状を持っている方も約6割と、
眼に対しての悩みを感じている方は
実に多くいらっしゃいます。


そんな中、様々な視力回復方法や治療方法が研究、開発され、
めまぐるしい進化を遂げています。
代表的なところで、「レーシック」という治療方法を
耳にしたことがある方は多いと思います。
このレーシックも常に研究がなされ、バージョンアップが繰り返されているようです。


そしてなんと、今までこれといった治療方法がないとされていた
老眼に対しても様々な治療方法が登場したのです。


現在、老眼治療で用いられる手術は様々な種類があり、
個人の症状や度数、見え方の希望に応じて選べるようになっています。


主な老眼治療の種類は、isi.jpg


モノビジョンレーシック
老視矯正レーシック
CK(Conductive Keratoplasty)
遠近両用眼内レンズ
アキュフォーカスリング《レーシックカメラ》
Add-On(アドオン)レンズ
SUPRACOR(スープラコア)


などがあります。(詳細は他のページでご説明します)


これらはクリニックによって受けれるものと受けれないものがあり、
またクリニック独自の手法もありますので、事前に確認のうえご相談下さい。


このように老眼治療は、幅広い進化を遂げています。
「老眼には老眼鏡しかない」といった時代は過去のことのようですね。




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら