老眼治療・手術情報(レーシックなど)

Add-On(アドオン)レンズ

老眼と同じように、老化が大きな原因の1つとされる眼の問題に白内障があります。


白内障とは、透明な水晶体が白く濁り、視力が低下してしまう症状です。
老化現象なので、高齢になればその割合も増加していきます。
なんと80歳以上になればほぼ全員に白内障の症状が発症するとも言われています。


このように多くの方が悩み、一旦発症してしまうと元には戻らないとされている
白内障のため、過去に白内障の手術を受けられている方も少なくはないと思います。


今までの白内障の手術は、白く濁ってしまった水晶体を吸い上げ取り除き、
その代わりに眼内レンズを挿入する方法
が多く取り入れられてきたそうです。


そのため白内障の手術を受けられた方は、眼の中にレンズが入っている
状態が多い
のですが、一度眼内に入れたレンズの交換はリスクがとても高く、
眼への負担も大きい
とされています。
このため、後に老眼の症状が強くなったりと視力が変化した場合には、
老眼鏡などで補強するしか方法はないとされていました。


そこで新しいレンズを眼内に追加するという、
Add-On(アドオン)レンズと呼ばれるものが登場し、
今とても注目されています。
眼内に2枚のレンズが挿入されている状態にするというわけです。


この状態にすることで、白内障手術後に老眼鏡を使用していた方も
ほぼ裸眼での生活が可能になり、メガネをかける煩わしさから解放されます。


また、Add-On(アドオン)レンズは近視や乱視などの眼の状態によって
様々な種類のレンズがあり、
白内障の手術では満足のいく見え方が得られなかった方にも
適した治療
とされています。
そしてAdd-On(アドオン)レンズはの大きな特徴は、
一度入れてしまった後でもレンズの取り出しが可能です。
合わなかった場合や、度数が変わってしまった場合でも後に変更することが出来ます。


このように非常に期待が寄せられるAdd-On(アドオン)レンズですが、
まだ実際にAdd-On(アドオン)レンズの施術を行える所は多くはないようです。


Add-On(アドオン)レンズが行えるクリニックはこちら
神戸神奈川アイクリニック




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら