遠近両用コンタクトレンズの特徴

遠近両用コンタクトのみで生活に支障はない?

hon.jpg老眼は自覚し始める時期や度数、
また、元々の近視の有無などによって
人それぞれ個人差も大きいため、
皆さんご自身に合った方法を日々試行錯誤し、
取り入れていらっしゃるようです。


そんな中、元々近視でコンタクトをしていた方に老眼が始まり、
この2つとうまく付き合っていく良い方法が中々見つからず、
苦労しているとの声が多くあります。


もちろん遠近両用のコンタクトレンズに変更し、
それのみで快適な生活を送ってらっしゃる方も多いようですが、
遠近両用のコンタクトだけでは見えずらく、
不便という声があるのも事実のようです。


ではそういった方は一体どのようにしてカバーしているのでしょうか。


まず一般的に、
通常は遠近両用コンタクトを使用し、必要時に老眼鏡をかける
といった方法を取り入れている方が多いようです。
また人によっては逆で、
老眼鏡ではなく今まで使ってきた近視用のメガネを
遠近両用のコンタクトと併用している
という方もいらっしゃいます。


そしてこれだけでなく、遠近両用のメガネと併用している方や、
色々なメガネを持ち、それぞれを用途に合わせて使用するという方法を
とられている方もいらっしゃるほどです。


しかし残念なことに老眼は日々進行し、度数も変化していってしまいます。
そのため、今までコンタクトとメガネを併用しカバーをしてきたとしても、
通用しなくなる時がきてしまうかもしれません。


その時は無理をせず、
きちんと専門医に相談し、対処方法を行うようにして下さいね。


関連記事
遠近両用コンタクトレンズを全国展開しているお店から選ぶ




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら