遠近両用コンタクトレンズの特徴

遠近両用コンタクトの使用期間はどれくらい?

現在、老眼世代の方に人気が高くなってきている遠近両用コンタクトレンズですが、
便利なものだからこそ、出来れば1日中、長い期間で使用したいところですよね。


では実際、遠近両用のコンタクトレンズには、
どのような使用制限があるのでしょうか。tokei.jpg


まず、それぞれの眼の状態、ライフスタイルによって異なりますが、
基本的には多くの製品が、1日中の使用が可能のようです。
(睡眠時は必ず外してください)


また、遠近両用に慣れるまでは、通常2週間から1ヶ月ほど必要とされています。
人によってはすぐに違和感を感じなくなる方もいるようですし、
1ヶ月以上かかっても慣れず、
仕方なく諦める方もいらっしゃるのが現状
のようです。


そして、遠近両用コンタクトレンズを利用するにあたって、
注意しておかなければいけない点がもうひとつ。
老眼は年を重ねていくごとに、進んでいってしまうという事です。


これは老眼鏡を使用する場合でも同じですが、
進んでいくということは、レンズの度数も上がっていくということです。


もちろん個人差はありますが、
一度コンタクトレンズを購入したからといって
長くは使えないかもしれない

ということを認識しておかなければなりません。
また、変化していく度数に合わせて、定期的な検診も必要となります。


このように、プラスの面があるからこそ、マイナスの面もあることを理解し、
上手に付き合っていくことが、遠近両用コンタクトレンズを取り入れるうえで
大切な事のようですね。


関連記事
遠近両用コンタクトレンズを全国展開しているお店から選ぶ




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら