老眼鏡の選び方

遠近両用メガネってどんなもの?

近視や乱視などで視力が悪く、それを補強するためのメガネを日常生活から
使用している方は多いと思います。


そんな方に老化現象である老眼の症状が出てきて、
近くのものまで見えにくくなってきた場合、
今のメガネと老眼鏡とをその時々で付け替えなければいけないとなれば、
とてもめんどうですし、煩わしいですよね。


そこで遠近両用メガネを利用している方は多くいらっしゃいます。


遠近両用メガネとは、その名の通り、
遠くも近くも両方見ることができるレンズが付いたメガネ
のことを言います。


今までの遠近両用メガネの仕組みは実に単純で、
1枚のレンズの中に遠くを見る用と、近くを見る用に分かれているだけ
設計のものがほとんどでした。
しかしこれは中間の度数がなく、境目もはっきりしているため、
レンズを見れば一目で老眼と分かってしまうという問題点がありました。


そこで最近の遠近両用メガネは、遠方、近方だけでなく、ojiisan.jpgのサムネイル画像
中間の度数が存在し、これにより境目がなくなり、
見た目には普通のメガネとさほど違いはありません。

どの距離でもピントが合うように設計され、
以前のものと比べて便利さは格段とアップしているようです。


また、レンズの仕様やデザインも多種多様となっており、
ご自身のライフスタイルや個性に合ったものを選ぶことも出来ます。


なんだか最近おしゃれなメガネをした年配の方が増えたなぁ・・・。
なんて思っていたら、実は遠近両用のメガネをしていたのかもしれませんね。


関連記事
遠近両用コンタクトの仕組みとは?
大手メガネ店でも買える!おしゃれな老眼鏡




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら