老眼鏡の選び方

老眼鏡をかけ始める時期は?老眼鏡をかけると老眼が進行するの?

老眼を意識し始める平均年齢は40歳前後とされ、
遅くても50歳頃から老眼鏡を必要とし、
生活に取り入れている方がほとんどだと思います。


しかし現代、眼を酷使し続ける生活や、
遠くを見る機会が減ってしまったことで眼の運動能力が低下し、
30歳代でも老眼の初期症状が出ている方も少なくはないようです。
その反対に稀にですが、
60歳以上でも老眼鏡を必要としていない方もいらっしゃいます。


このように老眼鏡を使用し始めるタイミングには個人差があり、
生活環境も人それぞれ違うため、一概にこの年齢ということは言えません
が、
やはり生活に支障が出てきた時は無理をせず、
使用されることをお勧めします。


また、老眼鏡をかけ始めると老眼が早く進行するといったことを耳にします。


しかし老眼は老化現象の1つの為、老眼鏡を掛けるかけないに関わらず、
年を重ねれば進行していく
とされています。


komaruobasan.jpgのサムネイル画像逆に見えない状態での生活は、眼に負担を掛けてしまいますし、
ストレスも多く感じてしまうと思います。


また、見えないものを無理に見ようとすることで
眉間にシワも寄ってしまいます
よね。
眉間のシワはクセになり、老けて見えてしまう原因となります。
「老眼鏡は老けて見えるから抵抗がある」としないで無理をしていても、
悪循環になってしまっているというわけです。


今は老眼鏡のデザインもとてもおしゃれなものが多く、色々と選択肢がある時代です。
ご自身の個性に合ったものもきっと見つかると思いますよ。


関連記事
私は老眼ですか?老眼の初期症状
大手メガネ店でも買える!おしゃれな老眼鏡




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら