老眼鏡の選び方

老眼鏡の価格の差は?100円でも大丈夫?

乱雑に並べられ、すべて同じ値段が付いたワゴン棚の中や、
100円均一ショップに多数並べられた老眼鏡を見かけたことがあると思います。


しかし実際に眼鏡屋さんで老眼鏡を作ろうとすると意外と高価だったり、
その値段の幅の広さに疑問を感じたことがある方もいらっしゃると思います。


対して、近視用の眼鏡などは老眼鏡のように破格で売られているものは
あまり見たことがありません。

そしてほとんどの方が眼鏡屋さんに行き、視力を測ってもらい購入しますよね。
では、一体このような違いはなぜ起こるのでしょうか。


簡潔にこの疑問に答えを出すとすると、やはり質の違いのようです。


老眼鏡は基本的には近くを見るためだけに作られていて、
度数のバリエーションも少ないため、大量生産が可能とされています。


それに比べて近視用の眼鏡などは、そこに乱視が入ったり、megane2.jpg
眼の幅や左右の度数の違いが人それぞれにあり、
それを考慮して作らなくてはならない為、
どうしても高価なものになってしまうようです。


また、老眼鏡は日常生活で1日中かけ続ける人は少ないので、
多少自分に合っていなくても、あまり気にせず使ってしまう傾向にあり、
安価なものでも需要があるとされています。


しかし、ご自身に合っていない老眼鏡を使用し続けることは、
眼にとっては良いとは言えません。
もちろん老眼を進行させてしまう原因にもなりかねます。


安価な物には飛びつきたくなる衝動に駆られてしまうのも分かりますが、
やはり一度きちんと眼科での検診を行い、
症状や用途に合った老眼鏡をご購入いただきたいと思います。


関連記事
大手メガネ店でも買える!おしゃれな老眼鏡




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら