老眼とは?(基礎知識&豆知識)

老眼と近視、両方とうまく付き合う方法

「近視の人は老眼になりにくい」
こういった噂を耳にしたことがある方は多いかもしれません。


しかし実際は近視の方でも、眼の老化現象である老眼はもちろん訪れます。


元々近視の方の眼は、近くの物にピントが合わせやすく、
遠くの物が見えにくい状態にあります。
このため通常では、遠くの物を見やすいように眼鏡やコンタクトレンズを使用し、
生活されていると思います。


また、近視の方は、近くを見ることに関しては基本的に苦労はあまりないので、
デスクワークを行う時や、本や新聞を読む時は、
近視用の眼鏡は外すという方もいらっしゃるかと思います。
(コンタクトレンズだとなかなかそうもいきませんが・・・。)


しかしそこに老眼も合わさってしまうと、
遠くの物だけでなく、近くの物も見えづらくなってきます。
近くを見るための老眼用と、遠くを見るための近視用を併用して使うことは
とても不便ですよね。


そこで遠近両用レンズの眼鏡コンタクトレンズが登場したのですが、
今まではその見え方や使い勝手の悪さが問題視され、
残念ながらあまり高評価は得れてなかったようです。


しかし近年、様々な遠近両用の眼鏡、コンタクトレンズが開発され、okiisi.jpg
用途や症状に合った幅広い選択肢があります。
また、「遠近両用眼内レンズ」「老視矯正レーシック」
などといった手術法も開発されています。


現代の高齢化社会、パソコン社会において、
このように老眼に対する対処法は広がってきています。
ぜひ色々と検討し、眼科医と相談の上、
ご自身に合った方法を取り入れて頂きたいと思います。


関連記事
近視の人は老眼になりにくいって本当?




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら