老眼とは?(基礎知識&豆知識)

老眼と遠視は何が違う?

老眼と遠視は症状が似ているため、
混合してしまっている方は多いようです。


また、遠視の人は老眼になりやすいとの俗説も耳にします。
しかしこれらは違い、遠視と老眼は全くの別物で、
遠視の人も近視の人も同じように老眼は訪れるとされています。


では一体、遠視とはどのような状態なのでしょうか。


遠視とは、近視とは逆で網膜よりも後ろで焦点が合ってしまった状態のこと
をいいます。
このためピントが合わせづらく、全体的にピンボケに見えてしまいます。


遠視は近くが見えづらく、遠くが見えやすいとの認識を持っている方が多いようですが、
実は遠視とは、遠くも近くも両方とも見えにくい状態なのです。


それを若い頃は眼の調整力で焦点を合わせることが出来るため、
軽度の遠視では気付きにくく、知らず知らずのうちに眼を酷使し、
負担をかけてしまっている事があるようです。
megane.jpg

しかしこの調整力は年を重ねるごとに衰えていき、
まず近くの物から見えにくくなる
ことが多いとされています。


一方老眼は、誰でも逃れることの出来ない老化現象の1つです。
年を重ねるとともに眼の機能が衰退し、近くのものにピントが合わせづらくなります。


このように遠視と老眼は根本的には全く違う訳ですが、
「近くが見えずらい」といった似た症状があるため、混合してしまう方が
多いのではないでしょうか。
また、「衰え」といった部分も共通して関係してしまっていることも
混合してしまう原因かもしれませんね。


関連記事
老眼は防げない?老眼になる仕組みとは




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら