老眼とは?(基礎知識&豆知識)

私は老眼ですか?老眼の初期症状

「老眼には出来るだけなりたくない!」
「いつかは老眼になるなんて信じたくない!」
と思われる方がほとんどだと思います。
しかし老眼は誰にでもやってくる老化現象がゆえ、
何もしなければ避けることは難しいとされています。


では実際、どのような症状を自覚し始めたら老眼かもと疑えばよいのでしょうか。


多くの方が新聞や本、携帯電話の小さい文字が近いと見えにくく、
少し離すと見えるといった症状
により、老眼を意識し始めるようです。


この他にも、
・目が疲れやすくなった
・夕方になると目が霞む
・細かい作業をしているとピントが合いづらくなってくるsinbun.jpg
・薄暗い所で物が見えづらい


などといった症状が挙げられます。
そして老眼は肩こりや頭痛といった身体の症状として出てくることもあります。


このように老眼の初期症状は、日々の生活で誰もが感じやすく、
特に大きな痛みなどといった症状が少ないため、我慢をしてしまう方が多いようです。
しかし放っておけば老眼を進行させてしまう要因となりかねません。
そしてこのような症状は、他の眼の病気の可能性ももちろんあります。


また近年では老眼の初期症状を感じる年齢が若年化しているとも言われ、
年齢が若いからと見過ごしてはいけないようです。


何だか見え方がおかしいな?と思ったら無理をせず、
早めに眼科医に相談をされることをお勧めします。


関連記事
老眼になる平均年齢は?30代で老眼ってあり?




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら