老眼とは?(基礎知識&豆知識)

近視の人は老眼になりにくいって本当?

老眼に関する噂に、
「近視の人は老眼になりにくい」「目の良い人は老眼になりやすい」hatena.jpg
などあり、良く耳にするかと思います。
実際そのように感じているという声も多くあるようです。


しかし老眼は老化現象のため、
近視などは関係なく、
正視の人も遠視の人も誰でも起こり得るとされています。


ではなぜこのような噂を耳にし、実感している方もいらっしゃるのでしょうか。


まず、基本的な近視の方の眼は、近くのものが見やすく、
遠くのものが見えずらい状態にあります。
これを眼鏡やコンタクトレンズなどで調整して、遠くも見やすい状態にしています。


このため近視の人が老眼になっていたとしても、
「近視が進んでしまったかな」とあまり気にしなかったり、
眼鏡やコンタクトレンズを外しても近くは見えると感じるため、
気づきにくい
という傾向にあるようです。
日頃から眼が見えにくいという状態に慣れてしまっているために
老眼と認識するのに時間がかかるという訳ですね。


それに対して目が元々良く、見えずらいという体験をしたことがない方は、
少しの変化にも敏感に気付いてしまうようです。


このように近視と正視の方には、老眼に気付くタイミングのずれがあります。
これが噂の根本となっているようです。


老眼の症状が感じにくいということは、一見良いことの様にも思えますが、
老眼への対応が遅れ、進行させてしまうことにも繋がりかねません。


「誰でも老眼にはなり得る」このことを頭に置いておくことも
老眼予防の1つなのかもしれませんね。


関連記事
遠近両用メガネってどんなもの?
遠近両用コンタクトの仕組みとは?
老眼手術は近視や乱視でも可能?




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら