老眼とは?(基礎知識&豆知識)

老眼になる平均年齢は?30代で老眼ってあり?

「老眼は老人がなるもの」
「30代で老眼なんてありえないでしょ」
30代前後で老眼と同じような症状を感じていても、
そのままにしてしまっている方が多くいらっしゃるようです。zangyou.jpgのサムネイル画像
確かに「老眼」と呼ばれている以上、
30代でなるとは理解しがたいですよね。


では一体老眼は、だいたい何歳くらいからなるものなのでしょうか。


老眼になる平均年齢を調べてみると、
40代前半頃から
近くのものが見えずらくなったり、
眼が疲れやすい
と感じ、
50歳頃には老眼鏡を使い始めるなどといった対応をしている方が多いようです。


しかし現代、パソコンや携帯電話の普及で、一点を見続けることが増え、
遠くを見る機会が少なくなったことで
眼の筋肉があまり使われなくなってきています。


身体と同じで、眼も筋肉が使われず運動不足になればもちろん衰えていきます。
これが現代、30代とゆう若さでも老眼になる人が増えてきている原因のようです。


また、現在このような眼の運動不足は若い人だけに限らず、
いわゆる老眼世代にも共通して言えることとなっています。
老眼を何度も買い換える人が増えているようですが、
この老眼の進行の早さにも眼の運動不足が関わっているようです。


以上のことを理解すると、30代でも老眼は起こりうるという事が分かります。


ただ、老眼の症状は、他の眼の病気と類似している部分も多くあります。
どちらにせよ、一度眼科での検診に行かれることをお勧めします。


関連記事
お手軽に!眼を暖めて老眼を遠ざける!
老眼を遅らせろ!眼のトレーニング法


以下の解説も参考にどうぞ。


30代で老眼になることがあるの?老眼の視力回復方法はどんなものがある?



35歳で老眼になることってあるんですか。また、老眼になった時の回復方法を教えて下さい。


まず、老眼に対しての基礎知識なんですけど、老眼というのは手元のものにピントが合わなくなるという症状です。そもそも人間の目っていうのは手元を見る時に調節力といって、目の中でレンズを一生懸命動かしてピントを合わせるという作業をしているんですけど、実は20代をピークとして30代前半から徐々に調節力っていうのは落ち始めてます。


一般的にはそれが顕著になる40代50代ぐらいになって普通に本を読む距離でピントが合わなくなってくるのを老眼と呼ぶので、基本的に35歳で老眼になるというのは、あんまりあり得ない話ではあるんですけど、例えばもともと遠視の人、もともと手元を見るのが苦手な人というのは30代から老眼鏡が無いと手元が見えないというのは起こり得ます。これは正確に言うと遠視の症状で老眼の症状では無いんですが、老眼と同じような症状を遠視の人は30代から感じることがありますよと言うのが実際の答えです。


更には老眼になった時の視力回復方法、これはもう従来ずっといわゆる老眼鏡といいまして、手元見るときだけ手元のものにピントを合わせたレンズを使ってみるというのが一般的だったんですけど、最近は老眼も手術で治すという方法が出てきてまして、今主流になっているのがビュープラスという治療なんですけども、片目だけ角膜の中に薄い老眼鏡の役割をするようなシートを埋め込むことによって裸眼で遠くも近くも見えるようになるようになると、老眼鏡無しで遠くも近くも見えるようになるといった治療も最近は出てきています。




>>老眼治療で人気のクリニックランキングはこちら